収益物件で収益を高めるための情報【バリバリ収益確かな情報】

不動産

不動産市況の回復

地域間格差の拡大

不動産

少子高齢化の顕著で不動産市場は必ずしも明るい未来が待っているわけではありません。しかしながら東京を中心に埼玉、神奈川、千葉の首都圏では依然として人口の増加が見られています。地域間格差の拡大が顕著となっています。東京では高度成長の時期に建設されたマンションが老朽化しており建て替えの時期を迎えています。しかしながらマンションと建て替えには住民の合意形成が必要となっているため建て替えがスムーズに行われているケースは非常に少ないという状況です。今年から相続税が増税になるため不動産の保有者にとってマンション経営は有力な節税対策となります。建設費が上昇しているので計画をする際には事業計画を安全サイドで立案することが重要です。

消費者ニーズの把握

最近は賃貸住宅に対するニーズが多様化しています。賃料負担という面では独身の女性が最も負担能力があるということになっています。従来は東京の高額なマンションい住める層は外資系企業に限られておりましたが、リーマンショック後この層が減少したためマンション経営には工夫が必要になっています。最近は東京でもシェアハウスを選択する人が増えているのでマンション経営でもシェアハウスが増えています。マンション経営は時代の進展とともにニーズに変化が見られるので建設計画を作成する際には維持管理のしやすさやリフォームへの対応、ニーズの変化に対するハード部分の可変性などにも配慮しなければなりません。東京のマンション経営は引き続き有望な市場があるということが出来ます。